Marubeni Meat Selection

Special

丸紅ミート
セレクション
の魅力

丸紅が自信を持って取り扱っている
ブランドミート。
その美味しさ、
うまみの理由をご紹介します。

Interview
シェフが語る
“丸紅ミート”の魅力

サルヴァトーレも認めた肉質と
脂のうまみ

カジュアルに本格イタリアンが堪能できる
トラットリア

ピッツァ サルヴァトーレ クオモ & グリル 川崎は、イタリアの街並みを模した複合商業施設「ラ チッタ デッラ」内にあり、サルヴァトーレ最大級の広さを誇ります。店内はステーキと牡蠣を堪能できる「肉と牡蠣 市場」や、パティシエ特製スイーツを楽しめるカフェスペースが融合されており、サルヴァトーレの本格イタリアンはもちろんのこと、シチュエーションや気分に合わせて幅広いメニューを楽しむことができます。


しっかりとした肉質とコクの深い赤身肉
クリークストーンビーフは、数ある牛肉の中でも高品種として認められているブラックアンガス種。柔らかさの中にもしっかりとした肉質とコクの深い赤身肉に脂(サシ)がのっており、国産牛肉とは異なる美味しさを楽しめる牛肉です。

日本ではサーロインやリブロ―スといった部位が人気ですが、イタリアではチャック(肩)をステーキで味わうのが主流です。そのため海外で食べるステーキは固くてパサパサとしたイメージがある方も多いかと思いますが、クリークストーンはチャックであっても、肉質に柔らかさがあります。しっかりとした筋繊維がうまみを肉の中にとじ込めるため、赤身のうまみをご堪能いただけます。
メニュー改変時にブラインドテストでいくつかの牛肉を食べ比べたのですが、満場一致でクリークストーンの肉が選ばれたのには私たちスタッフも驚きました。


牛肉は牛それぞれの個体差によって肉の品質にもばらつきが出るのが普通です。ブロック肉を切り分ける際にも筋の入り方などに合わせる技術が必要で、それによって味も変わってくるのですが、クリークストーンの牛肉は品質が一定に保たれており、そのクオリティの高さに驚かされます。


サルヴァトーレクオモでは、店内ではオリジナルに開発した炭火焼きグリルで、中はレアのまま外側だけカリっと仕上げる絶妙な火加減で焼いたステーキと、じっくり低温で焼き上げ牛肉の旨味を存分に引き出したローストビーフをご提供します。
また、クリークストーンの旨味が逃げにくい牛肉の特徴に注目し、デリバリーでもステーキメニューを開発しました。調理後からご自宅に届くまでの間、ステーキの肉のうまみとジューシーさの秘訣である肉汁が出ないように、低温調理でステーキ肉の芯まで熱を加え、表面を強火でグリルすることで、デリバリーでもレアステーキの柔らかさを維持することができます。自宅でもレストランと同様の美味しいステーキが楽しめますので、ご来店が難しいお客さまはぜひ、ご自宅でサルヴァトーレの味をご堪能ください。

近藤 圭吾 氏

PIZZA SALVATORE CUOMO & GRILL 川崎
シェフ

Shinichiro Ogawa

小川 慎一郎 氏

川崎駅より徒歩2分。天井高で、サルヴァトーレ最大級の広さを誇る店舗では、ナポリピッツァを日本に広めた功労者、サルヴァトーレ・クオモプロデュースのピッツェリアが楽しめるほか、旬の食材のグリル、お酒に合う小皿料理やアンティパストも充実。その他、接待にも使える東銀座、人形町店など、全国に60店以上を展開。

住所 神奈川県川崎市川崎区小川町1-18 ラ チッタデッラ内ビバーチェ 1F

電話 044-210-0265

営業時間 平日 Lunch 11:00~14:30(L.O.14:00)/
TEA 14:30~17:00/
DINNER 17:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝日 Lunch 11:00~15:00(L.O.14:30)/
TEA 15:00~17:00/
DINNER 17:00~23:00(L.O.22:30)

公式サイト http://www.salvatore.jp/restaurant/kawasaki/

 

旨味が肉の中にとじ込められている
アルゼンチンビーフ

待望のアルゼンチンビーフが味わえるステーキレストラン
STEAK THE FIRSTは、ステーキを「もっとカジュアルに」「もっとリーズナブルに」楽しんでもらうために、毎日食べても飽きがこない美味しいステーキを提供することをモットーにしています。親しみやすさのあるお店作りを大切にしており、平日は学生からサラリーマンまで、週末には家族連れのお客さまが訪れます。


世界中の肉好きがたどりつく赤身肉
2018年に日本への輸入が解禁となったアルゼンチンビーフは、食肉流通の専門家やレストラン関係者が待望していた、世界でも人気の高い赤身肉といわれています。パタゴニアの肥沃な大地で放牧されて育った牛は、深みのある濃い味わいと、グラスビーフ特有の臭みが少ないのが特徴です。国産牛にはないあっさりとした肉質の秘訣は、肉に含まれる水分量が少ないこと。熟成肉のような脱水処理を施す必要がないほどにうまみ成分が肉の中にとじ込められています。

世界有数の牛肉消費国であるアルゼンチンの人びとが「毎日食べても飽きがこない」「まさに食事肉」と太鼓判を押すアルゼンチンビーフ。「STEAK THE FIRST」では、このお肉の良さに前から注目していたため、2018年に輸入が解禁されると同時に取扱店として手を挙げ、国内の他のステーキ店より先駆けてアルゼンチンビーフの提供を始めました。


おすすめはアルゼンチンビーフの良さがひと口で実感できる「チャックアイロール」です。肩ロースにあたる部位になり、しっかりとした噛みごたえのある赤身肉で味に深みがありつつも、グラスビーフ特有のクセの強さを感じさせない、あっさりとした香りが特徴です。お店では炭火焼きにするため、噛むごとに口の中に肉汁が溢れてくるような絶妙な焼き加減で、お肉本来の美味しさを堪能することができます。塩のみなどシンプルな味付けがおすすめですが、お店自慢のステーキソースやレモンバターなどでもお楽しみいただけます。1ポンドなど思い切ったグラム数でお召し上がりいただきたいお肉です。ぜひ一度お試しください。

近藤 圭吾 氏

STEAK THE FIRST
高田馬場店 シェフ

Keigo Kondo

近藤 圭吾 氏

「SALVATORE CUOMO」「XEX」などの有名レストランを手掛けるワイズテーブルコーポレーションが運営するレストラン。ステーキとイタリアンアンティパストに特化しており、料理に合う各種ワインも魅力。四谷、日本橋、北新地にも店舗を展開している。姉妹店に「肉と牡蠣 市場」がある。

住所 東京都新宿区高田馬場2-1-1 センテニアルタワー1・2階

電話 03-5291-6765

営業時間 平日 11:30~17:00(L.O.16:30)/
17:00~23:00(L.O.22:30)
土曜・祝日11:30~16:00(L.O.15:30)/
16:00~23:00(L.O.22:30)

公式サイト http://www.steakthefirst.jp/

 

赤身で味の濃い
ブラックアンガスに
惹かれました

熟成肉を炭火で焼く当店の調理スタイルには、赤身で味の濃い肉が適しています。そこで紹介されたのがクリークストーン。クリークストーンは上質な穀物飼料で育ったため、とても旨みがあります。
また、ブラックアンガス品種という点にも魅力を感じました。全く同じ焼き加減にするのが難しい炭火という調理法においては、目利きのプロが厳選していて、常に品質が安定していることがとても重要なのです。
クリークストーンは安心して召し上がれる品質から、私は自信を持って皆さまにもおすすめしたいと思います。
ぜひご家庭でも、レストランと同じビーフの味を楽しんでください。

山縣 類 氏

CHICCIANO シェフ

Rui Yamagata

山縣 類 氏

熟成肉のうま味を最大限に引き出すために、
炭の直火焼きにこだわるイタリアンレストラン。
それぞれの肉に合った手法で調理し、
他では味わえない肉料理を
イタリアンスタイルで提供している。

住所 東京都港区赤坂3-13-13 赤坂中村ビルB1

電話 050-5590-8802

営業時間 平日11:30~14:30(L.O.14:00)/
18:00~23:00(L.O.21:30)
土曜・祝日18:00~23:00(L.O.21:30)

定休日 日曜日

※ CHICCIANOは2020年3月31日に閉店しました

Product lineup

丸紅ミートセレクションは、ステーキはもちろん、焼肉やしゃぶしゃぶ、すき焼き用の薄切りなど、
様々な用途にご利用いただけるラインナップを揃えております。

サーロインステーキ

しゃぶしゃぶ用薄切

すきやき用薄切

焼き肉用カルビ

牛バラ切り落とし

取り扱い店舗につきましてはお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

Top